2017年02月07日

美味しい野菜の選び方!! トマト編


昨日に引き続き毎日の食卓に欠かせない野菜のひとつ


【トマト】


種類も沢山あって、美味しいですね

今回は美味しいトマトの選び方です
IMG_1097.JPG


美味しいトマトの選び方

下記4点に注意して選びましょう!

@ヘタの色が濃い緑色で新鮮なもの ※ヘタが黄色っぽくなっているものは鮮度が落ちている

Aお尻から放射線状に入ってるスジが多くて均等なもの

B皮に色むら、斑点が無く、ツヤがあるもの ※真っ赤に熟しているもの程栄養価が高い

C重みがあるもの



保存方法

〜完全に熟していない場合〜

ざるなどに乗せて常温保存

へたを下にしてしばらく日光に当てると早く熟します


〜完熟の場合〜

へたを下向きにして、ラップに入れるかポリ袋に入れて冷蔵保存

使い残しは切り口にラップを密着させて冷蔵保存

冷やしすぎると甘みや味が落ちるので注意しましょう



豆知識

トマトにはリコピンが多く含まれています

リコピンにはガンや動脈硬化を予防する効果が期待できます

オリーブオイルを2〜3滴垂らすとリコピンの吸収力が上がります

posted by ふじみや at 17:53| 山口 ☁| Comment(0) | まめ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

美味しい野菜の選び方!! 人参編

毎日の食卓に欠かせない野菜の一つ 

【人 参】

毎日食べるからこそ

『美味しい人参が食べたい!』

という事で、今回は美味しい人参の選び方についてまとめてみました。

IMG_1092-07d9f.JPG
人参の選び方
下記5点に注意して選びましょう!!

@全体的に赤みが濃く鮮やかなもの

Aひび割れが少なくハリツヤのあるもの

B茎の切り口の部分が小さいもの

C茎の切り口が緑色のもの(茶色や黒く変色しているものは収穫から時間がたった人参です)

D形のバランスが良く、重みのあるもの


保存方法

冷蔵保存がおすすめ

ポリ袋に入れて立てて冷蔵庫へ入れましょう。

保存期間は1週間程度

使いかけは切り口にラップを密着させて包み、ポリ袋に入れて冷蔵。保存期間は2〜3日程度

水分に弱いので注意!

常温保存はあまりおすすめ出来ませんが、冬場のみ 1〜2週間 保存可能。


豆知識

人参にはβカロテンが豊富に含まれています

特に皮のすぐ内側に多く含まれているので、皮ごと料理した方が効果的に栄養をとる事が出来ます。

もしくは皮をなるべく薄くむいた方が良いでしょう!


調理方法でおすすめは
βカロテンは油に溶けやすい脂溶性ビタミンなので、油と一緒に調理した方が栄養の吸収力が上がります!


posted by ふじみや at 10:55| 山口 ☁| Comment(0) | まめ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

【1・2月】この時期食べるべき野菜 果物 はこれだ!! 美肌編

普段何気なく食べている野菜や果物には沢山の栄養素が含まれています。
今回はその中で


【美肌】

をテーマに、この時期食べるべきおすすめ食材をまとめてみました
CF299F6A-68BF-41BE-8F6A-F869969B93A6.jpg
【美肌効果が期待される栄養素】は?
上げれば沢山ありますが、今回は特におすすめ美肌基本の3大栄養素をご紹介します。
3大栄養素
@βカロテン
AビタミンC
Bタンパク質

この3つは是非押さえておきたいところです。

それぞれの美肌への効果とこの時期おすすめの野菜・果物は下記の通りです。

【βカロテン】体内でビタミンAへ変換される
@老化予防
A乾燥肌の予防
B肌荒れ予防
Cニキビ改善
Dシミ予防

旬のおすすめ野菜・果物
5F12C0B2-E384-4605-A824-292D6BEE8720.jpg
・人参(この時期旬のおすすめは金時人参)
・春菊
・ほうれん草
・ケール
・ブロッコリー
・みかん
・デコポン

【ビタミンC】
@日焼け後の炎症抑制
Aシミ改善
※シミ予防にはビタミンAも効果的ですが、既に色素沈着をおこしているシミを改善するにはビタミンCが最適です。
B紫外線がら守る
Cシワ改善
Dニキビ改善
E毛穴の引き締め
F肌のターンオーバーを整える
G老化予防

旬のおすすめ野菜・果物
CC6994E4-B9CD-470C-842D-19CD32DBC0E5.jpg
ピーマン
・菜の花
・芽キャベツ
・ブロッコリー
・たかな
・ケール
・アセロラ
・ほうれん草 ※この時期、夏場の3倍のビタミンCを保有
・オレンジ
・レモン
・ゆず
・いちご
・みかん

【タンパク質】
人間の体をつくるおおもとの栄養素です。タンパク質が不足すると、いくらビタミンを沢山とっても効果はでません。
肌のハリをつくるコラーゲンの元になるのもタンパク質です。
植物性タンパク質には一部の必須アミノ酸が不足しており、動物性タンパク質に比べると劣る傾向があるので、肉か魚からも摂取する事をおすすめします。


旬のおすすめ野菜・果物
BF23081B-152F-46C0-934D-CB90A2A5706D.jpg
・そらまめ
・芽キャベツ
・やまいも
・ブロッコリー
・大豆
※油揚げ
※きな粉
※納豆
※湯葉



冬場で乾燥する時期でもあるので、是非お買い物する際は美肌食材を気にしながらお買い物されてはいかかでじょうか
posted by ふじみや at 14:54| Comment(0) | まめ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする